A.Iさん:マスターPDA

「似合う」ではなく、「ふさわしい」という言葉に興味を持ちました。

最初はカラーについての知識が中心でしたが、徐々にイメージコンサルティングの本質としての、その人の奥の奥の分まで掘り下げ、まず軸の部分から創っていくということに驚きました。

目的や好み、目標など、その人自身をつくるありとあらゆる要素を盛り込んだものだがパーソナルデザインであり、これをより多くの人にもっと知ってほしいと思いました。

色や骨格などが中心でしたが、立ち居振る舞いもこれに付け加えてどんどん広げていけるニーズがあり、自分自身も新たな発見があったりと、この講座を受講してよかったです。

まずは自分自身からパーソナルデザインをしっかりやって行こうと思います。

 

受講生の声ページはこちら:パーソナルデザイン協会「受講者の声」

関連記事

PAGE TOP