お客様に似合う服をアドバイスできれば、本当に仕事になるの? という疑問を抱いたあなたは大正解!本当に必要なのは似合わせではありません。

ファッションの仕事をするために念のため資格を取得しておこうと考えているけど、どこのスクールも似合う服がわかるようになるという内容ばかり。

カラー診断や骨格診断が流行っているけど、診断結果に縛られる人を増やすだけな気がする。診断って4分類、8分類、今では16分類などきりがないほどあるし、最近では顔型タイプの診断まで。

なんでも診断して分類して、その枠に当てはめて行けばいいという考え方がどうも納得できなくなってきた。

もっと自由にファッションを楽しんだり、自分らしいファッションで心地よくいられたり。本当はそれが理想だと思う。

でも資格取得のスクールでは「似合わせ」をメインにしているスクールが多いから、学んだ方がいいのだろうか?とりあえずで高額を支払って学ぶのももったいない気もする。

診断して分類して、「はい、あなたはこのタイプですのでこの服が似合います」と答えを出すだけで本当に仕事になるのだろうか。

一度受けたらわかってしまうからリピートもないだろうし、最近ではネットや本でも紹介している。しかも資格取得している人もたくさんいるから、結局は昔からやっているキャリアのある人にお客様が集まると思う。

似合う服がわかれば、本当に仕事になるの?

 

そう考えているあなたは本当にファッションが好きなのですね。あなたはとても素晴らしい感覚をお持ちだと思います。

確かに「似合う」に縛られてしまうと、選べる服が限定されてしまうことになります。

そこで、お客様に似合わせ以上の価値になる情報についてお答えします。

お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの? という疑問を抱いているあなたが知るべき「おしゃれまでの4ステップ」

あなたが「お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの?」という疑問を抱くのは、あなたにファッションセンスが備わっているからだと思います。

パーソナルカラー診断や骨格診断などの○○診断は、正直誰でもできるし、雑誌にも載っているし、それをサービスとしてやる必要があるのかどうか。そう疑問を持たれる人も増えてきました。

では必要かどうか、の答えですが、おしゃれへのステップとして最初は服を「きれいに着る」から始まります。そしてその次は「似合う服を着る」です。そしてその次は「自分らしく」。最後に外したり遊んだりして「おしゃれ」にたどり着きます。

1.きれいに着る (袖口が汚れていないか、ボタンが取れかけていないか、サイズはあっているかどうか)
2.似合う服を着る(肌がきれいに見える服、スタイルアップして見える服など)
3.自分らしく着る(ライフスタイルやパーソナリティに合うアイテムやテイストをセレクト)
4.おしゃれに着る(色やアイテムを外したり、トレンドを取り入れたり、テイストミックスしたり)

これは、洋服をおしゃれに着こなせるようになるまでのステップです。

ですから、お客様がまだ2の段階であれば似合う服を提案したほうが良いでしょう。お客様のレベルによりますが、似合わせは知っていたほうが役立つことが多いのも事実です。

また、おしゃれ初心者は、カラー診断や骨格診断で「似合う」を知ることがきっかけとなって、服やコーディネートに対して、本格的に興味を持ち始める方も多いです。

お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの? という疑問を抱いているあなたへ「○○診断は仕事になる?」

あなたが「お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの?」という疑問が生まれるのは、あなたにビジネスセンスが備わっているからだと思います。

似合わせだけの診断をビジネスにすることは、正直にお答えすると厳しいです。カラーや骨格の診断は誰でもできますし、本やインターネットでも調べられます。ですから、似合わせで教科書通りの答えを提示することはビジネスにはなりにくいです。

関連記事:パーソナルカラー診断や骨格診断などは誰でもできることでは?資格取得して仕事になる?の疑問にお答えします。

また、パーソナルカラー診断や骨格診断などの診断系の資格を取得している人はたくさんいます。その中から選ばれる人にならなければなりません。

もう一つ、○○診断に関しては、結果がわかればお客様は満足するのでリピートされません。そのため、〇〇診断だけをサービスにすると、常に新しいお客様を探すための集客に時間を取られます。

毎月の新規のお客様数を、どれくらいに設定するか(目標)にもよりますが、○○診断というサービスだけでは仕事になりにくいです。

それらの理由から、「似合わせの技術は必要、でも仕事にならない。」ということになりますが、イメージコンサルタントとして仕事するためには次のことが必要です。

お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの? という疑問を解消するために「イメージコンサルタントに必要なこと」

あなたが「お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの?」という疑問を解消するには、あらかじめイメージコンサルタントとして必要な知識を把握しておくことです。

イメージコンサルタントになると、完璧に似合うものを提案しようと○○診断をたくさん練習する人が多くいらっしゃいます。それはそれで大切ですが、本当に必要なことはたった一つです。

それは「お客様の未来を考える」こと。それが、『ファッションの知識とセンスの向上』と『ビジネスの知識、センスの向上』につながっていて、それが成功への道につながっています。

中でも、ファッションの知識とセンスの向上を中心にお答えすると、

お客様が似合う服を着たらどうなる? → 自分らしい服を着たらどうなる? → おしゃれにコーディネートできたらどうなる? → どんな未来が待っている? → お客様はどんな未来を望んでいる? という感覚でお客様の未来を考えることが大事です。

このようにお客様の未来を考えられるようになると

  1. お客様の「似合う」の次を提案することができるようになります
  2. ショッピング同行などのリピートにつなげられるようになります
  3. 分類だけの診断結果ではなく、お客様の未来に合わせた似合うスタイルをアドバイスできます
  4. 似合う以上のセンスを感じる洋服選びができるようになります
  5. 着こなし、ハズし、抜け感など、似合わせの先を提案できるようになります

ただこれらは、イメージコンサルタントやパーソナルスタイリストの養成スクールではなかなか教えてもらえない内容で、プロのスタイリストさんが持っている感覚的なものです。

ですが、このプロのスタイリストさんが持っている感覚的なものも、基本のコーディネートを学び、訓練を続けることで、あなたにも備わってきます。

似合うを超えたその先のアドバイスができるようになれば、お客様に選ばれ、更にリピートされるパーソナルスタイリストになれます。

これは、ファッションに対する知識ですが、イメージコンサルタントという個人事業を成功させるためのビジネスの知識も必要になるので、ビジネスについても意識的に取り組んでもらいたいと思います。

関連記事:集客コンサルタントにビジネステクニックを聞いても集客できない人へ! テクニックよりも大事な王道を極めよう。

お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの? という疑問を解決するための「イメージコンサルタントが知るべきの学び」

あなたが「お客様に似合う服をお答えできれば、本当に仕事になるの?」という疑問を解決するには、2つの基礎知識を学んでおく必要があります。

  • ファッションに対する基礎知識 (似合わせの基礎、コーディネートの基礎、センスアップの基礎)
  • ビジネスに対する基礎知識   (お客様視点の基礎、イベント開催の基礎、ビジネス拡大の基礎)

この2つの基礎知識を基準に、実践を積み重ね、自分の特徴を活かし、失敗を成功にする知恵を身につけていく必要があります。

なぜなら、ファッションの基礎知識だけでは、習い事のレベル(99%稼げません)になるからです。

「イメージコンサルタントとしてのビジネスの在り方」について基本を学んで、確実な仕事の仕方を身につけて欲しいと思います。

まずは説明会にお越しください。ご相談のみでも構いません。
約1時間の無料説明会を随時開催しています。お気軽な気持ちでご利用ください。*スカイプ対応もしています。
無料説明会のお申込み

その他お問合せなどございましたらこちらから
お問合せはこちら

関連記事

PAGE TOP