パーソナルスタイリストのビジネス展開

あなたはパーソナルスタイリストという仕事がどのようなものかわかりますか?イメージコンサルタントとの違いは?具体的にはどのようなことをしているの?

そんな疑問に答えるためのにこちらのコラムで一例をご紹介しています。
パーソナルスタイリストの仕事内容の一例

ですが、この仕事内容は一例です。一人のお客様に対してファッションのアドバイスを行うという仕事をご紹介したまでで、本当はそのほかにもできる仕事はたくさんあります。

今日はそのビジネス展開をお伝えします。

パーソナルスタイリストの仕事のバリエーション

パーソナルスタイリストの仕事は
お客様のファッションに係る分野をアドバイスしてコーディネートの提案をするお仕事です。お洋服だけはなく、ヘアスタイルやメイク、ファッション小物までトータルでコーディネートや着こなしのご提案をします。

そのスキルが様々な場面で活用でき、ビジネスとして展開をされている方も多くいらっしゃいます。

以下にパーソナルスタイリストができる仕事をご紹介していきます。

1.似合うファッションアドバイス

パーソナルカラー診断や骨格診断などを行い、お客様に似合うファッションをアドバイスします。アドバイスするだけにとどまらず、写真などでイメージを提示するスタイリストもいらっしゃいます。

2.似合うメイクアドバイス

パーソナルカラー診断や顔型分析などを行い、お客様に似合うメイクのアドバイスをします。アドバイスするだけではなく、実際にメイクを施したり、メイクカラーの選び方などをご提案することも。

3.ブライダルコーディネート

ウエディングドレス、カラードレス、ブーケ、会場ディスプレイなどの総合イメージプロデュース。ドレス選びやヘアメイク、ネイルまでトータルで行います。

4.百貨店・ファッションビルイベント

集客イベントとしてカラー診断やトークショーの依頼があることも。コーディネートをアドバイスしながら店舗の商品の販売まで行うこともあります。

5.アパレル研修・セミナー

似合わせの知識、コーディネート、トレンドなどの研修・セミナーなどをアパレルの販売スタッフ向けに行います。

パーソナルスタイリストの仕事はカラー診断だけではない!

パーソナルカラー診断や骨格診断を行っているイメージが強いパーソナルスタイリストですが、ショッピング同行をメインにしている方も多くいらっしゃいます。

主婦の方や会社勤めの方にも認知度が上がり、カラー診断や骨格診断はもちろんですが、ショッピング同行の需要も多くなっています。

センスを売る仕事ですが、そのスキルを活用して新しいビジネス展開ができそうです。

パーソナルスタイリストの仕事に必要なスキルが身につく!

グレースアカデミーの講座では、パーソナルスタイリストの仕事に必要な「似合わせ」「ヒヤリング力」「カウンセリング力」「提案力」が身に付きます。
単に似合わせるのではなく、お客様のご要望の奥にある潜在的なニーズまで理解しながら目的達成のためのコーディネートをご提案できるようになるため、他のパーソナルスタイリストと差が付きます。
基礎講座:pdaセット

プロ講座:ビジネスセット

まずは説明会にお越しください。ご相談のみでも構いません。
約1時間の無料説明会を随時開催しています。お気軽な気持ちでご利用ください。*スカイプ対応もしています。
無料説明会のお申込み

その他お問合せなどございましたらこちらから
お問合せはこちら

 

関連記事

PAGE TOP