パーソナルスタイリストの悩み

集客できないパーソナルスタイリストに必要な"仕事軸と自分軸"について

パーソナルスタイリストの資格を持っていても、集客ができていなければ、資格を持っている意味はありません。

やりたいことを仕事にするために、その仕事にまつわる資格はたくさんあります。

資格の種類は、国家資格から社団法人などの協会が発行している資格、民間企業が発行している資格まで、様々な資格があります。

その資格を取ることで、将来のライフスタイルに夢を託して、資格を取ろうと思ったのではないでしょうか。

そして、これまで学んだことのない新しい知識を必死に覚えて、多くの試験をクリアしてきたはずです。

パーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント、カラーアナリストなど、ファッションを武器にするための資格も、スクールによって様々です。

あなたが頑張って取得した資格は、あなたの生活をどれほど変えてくれたでしょうか?


パーソナルスタイリストの人たちは、みんなおしゃれで楽しそうだから私もなってみたい!

おしゃれを仕事にできたら、どんなに楽しい毎日が送れるだろう?

そう思って、有名なスクールに大金を支払ってイメージコンサルタント(パーソナルスタイリスト)の資格を取ったのに、スクールを卒業しても全然仕事になっていない。

スクールの先生に勧めてもらって、先輩のアシスタントとして仕事を始めたけど、交通費も自腹、ランチ代も自腹、新作の洋服代も自腹。

たまに先輩が美味しいランチをご馳走してくれることもあるけど、思い描いていたイメージとはほど遠い。

アメブロにメニューを載せて、フェイスブックとインスタでおしゃれな写真を載せれば、すぐに自宅サロンをオープンできると思っていたのに。

顔出しOKで、ビフォーアフターの写真を撮らせてくれるお客様を見つけるだけでも大変。

やっぱり先輩はすごいなぁ。とは思うけど、私も早く先輩のようになりたい。

先輩にアドバイスをもらったら「もっと自分を売り込まなくちゃダメだよ!」ってダメ出しをもらったから、新作の洋服を着て全身鏡で自撮りしてイイね!の数が増えるように努力もしてるし、

普段着はファストファッションばかりだったけど、先輩のお茶会(オフ会)とかセミナーに参加する時も気を使って、普段買わないような少し高い洋服にも挑戦してる。

自分自身では、前よりおしゃれになれたかも。とは思ってるけど、正直なことを言うと、洋服にこんなにお金を使うことになるとは思ってもいなかったし、できることなら、もう少し家族のためにお金を使いたい。

でも子どもからは「お母さん綺麗になったよね。」って言ってもらえたから、貯金が尽きる前に成果を出せるようになりたいんだけど。

現実はそんなに甘くないのだろうか。


パーソナルスタイリストの義務

パーソナルスタイリストになる前にあなたが思い描いた夢は、どんな夢だったでしょうか?

あなた自身がおしゃれになって、お客様をおしゃれにしてお金をもらえる仕事をしている姿だったのではありませんか。

でも、今のあなたはどうでしょう?

先輩の後ろにくっついてアシスタントを続け、先輩の手順を盗み、良いことや悪いことを聞いて、自分に都合の良さそうな情報を選んでブログやsnsにアップする。そんな毎日を続けてしまっていませんか?

残念ですが、そのような行動を続けてしまっているあなたには、これからも真っ当な仕事の依頼が来ることはありません。

その理由はシンプルで、あなたの行動は、あなた自身をよく魅せようとすることばかりになってしまっているからです。

自分自身がキレイになって素敵なことをしている姿を魅せることは、決して悪いことではありません。

ですが残念なことに、今のあなたは、お客様からパーソナルスタイリストの仕事をしていないと思われてしまっています。

今あなたがやっていることを、一度、客観的に見てみてください。

すると、先輩のアシスタントをする前に、あなたが普段以上のおしゃれをする前に、もっとやるべきことが見えてくると思います。

お客様に喜んでいただくことができれば、お金を払ってくれたお客様が、あなたにお礼まで言ってくれて、あなたの素晴らしい能力を評価してくれます。

それがあなたの輝きに変わって、あなた自身が輝くことになります。

お金を使ってあなた自身が美しくなることは自由ですが、その前にパーソナルスタイリストとしての義務を果たしましょう!


パーソナルスタイリストの仕事軸

パーソナルスタイリストの仕事は、お客様をおしゃれにしてあげて喜んでもらうことだとお伝えしました。

もう少し具体的にお伝えすると、お客様に似合う洋服を提案したり、お客様が周りの方達からおしゃれだと評価してもらえるファッションスタイルをご案内することが仕事です。

それらの提案や案内をするためには、ファッションに対する3つの知識が必要です。

  1. 洋服同士の最適な組み合わせ
  2. お客様の肌感(色や質感)や骨格に合った洋服の似合わせ
  3. TPOや流行に合った着こなし

この3つの知識に沿って、お客様の目的に合った提案やご案内ができなくては、お客様に納得していただくことはできません。

これらの知識は、パーソナルスタイリストの資格を取る際にあなたが勉強してきたことですし、あなたの中に培われた感覚です。

それの感覚を活かして、お客様がお客様らしくいられるファッションスタイルを導き出して、ワクワクした毎日を送れるようにしてあげて欲しいと思います。

お客様がお客様らしくいられるファッションスタイルを、あなたが提案できるようになったら、あなたの仕事軸ができてきます。

あなたはまだ原石です!

今のあなたは「自分が輝かなくてはお客様に来ていただけない!」と考えているかもしれません。

そう考えてしまう理由は、スクールや先輩から、間違った仕事の仕方を教わってしまっているからです。

もし、自分が輝かなくては!自分がキレイにならなくては!!と考えているようでしたら、まずはその考え方をスッパリと捨ててください。

そのような考えを捨てなくてはならない理由は、自分自身が輝くだけでお客様に来てもらえるパーソナルスタイリストは、限られた方だけに与えられた特権のようなものだからです。

限られた方というのは、もともと何かの分野で成功していたり、そもそも人気がある人がパーソナルスタイリストになったのなら、ファンのお客様がついてきてくれる可能性があるので、自分が輝くために磨くだけで良い方たちなのです。

でも、あなたは原石です。それも掘り出されたばかりの原石。

誰からも削られていなければ、輝きを放つことすらできていません。

今のあなたを、削ってくれて輝かせてくれるのは、スクールの先生でも先輩でもなくお客様です。

あなた自身を輝かせるために、もっとあなた自身のお客様と向き合う時間を作りましょう。


自分軸について

あなたがお客様から支持されるようになったら、自分軸は勝手に出来上がっていきます。

つまり、仕事軸が決まると自分軸ができてくるのです。

ですから、肩肘を張って先輩のようなパーソナルスタイリストになることを目標にするのはやめましょう!

理想の姿は、美しくて高級なものばかりに囲まれて、誰からの話も即座に的確な返答ができて、誰からも素晴らしいと思われるパーソナルスタイリストになることかもしれません。

ですが、あなたらしく仕事ができて、あなたらしく振る舞えるようになる方が自然体で良いと思いませんか?

少しドジで天然なところがあって、庶民的な飲食店が好きで、家族やお客様のために一生懸命に動いている姿を認めてもらえる方が、自分らしいと思います。

その方が、ストレスもなく豊かな将来につながるはずです。

それが自分軸というものです。

自分を美しく繕うことが自分軸ではありません。

あなたを必要としてくれて認めてくれた人たちが描いてくれたあなた像が、あなた本来の姿であり自分軸です。

もっとパーソナルスタイリストの仕事に精を出して、あなたのことを気に入ってくれるお客様のために、ファッションの知識をお客様に活かすための勉強をしてもらいたいと思います。


ファッションの知識をお客様に活かすための勉強はビジネスの領域

ファッションの知識をお客様のために活かすには、資格を取ることに加えて仕事にすることを覚えなくてはいけません。

なぜなら、パーソナルスタイリストになるために覚えた「カラーや骨格の診断の技術」「似合わせの知識」は、本を読むだけでもぼんやりとわかりますし、簡易診断もあります。

そのため、診断結果を伝えるだけでは仕事にならないからです。

つまり診断は、あなた以外のパーソナルスタイリストも同じことができますから、お客様からすると料金が安ければ良いものなのです。

だからこそ、あなた流の理論を伝え方を導き出すことを始めてもらいたい。ビジネスの領域を勉強してもらいたいと思います。

あなた流の理論や伝え方を創り出すには、あなたに、ビジネスについての本質を理解してもらわなくてはなりません。

ビジネスの本質を理解できていないのに仕事を始めると、テクニックに走ってしまう方も多いため、以下のような結果を招いてしまいます。

  • アメブロでブログを書いて、snsに自撮りをアップして、高級ランチを美味しそうに食べている姿を投稿する。
  • それでも足らなくて、自分自身にコミットしたから!という理由で、薄っぺらいネタのメルマガを書き続ける。

このような毎日を過ごすことが、パーソナルスタイリストのビジネスではありません。

パーソナルスタイリストの仕事とは

  • お客様をおしゃれにすること。
  • お客様におしゃれになってもらうこと。
  • お客様の毎日が楽しくなること。

これがパーソナルスタイリストの仕事です。

それをするために、あなた自身がビジネスの領域について勉強をして、ビジネスに取りかからなくてはならないのです。

お客様を見つけることに一生懸命になるよりも、あなたがお客様と向き合うことの方がもっと大事なことだと思いませんか?

新規客を見つけ出すこと(ビジネステクニック)ばかりに力を注がないで、もっとお客様と向き合うことに力を注いでみてください。

そうなることができれば、あなたにもお客様が訪れてくれるようになります。

パーソナルスタイリストとしてのビジネスの本質について学びたい方は、下記の講座でお待ちしています。


説明会・相談会も随時開催しています。お気軽にご利用くださいませ。

資料請求もお気軽にご利用いただけます。

 

関連記事

  1. パーソナルスタイリストの集客

    『モニター価格』はお客様のためではない!お客様が欲しいなら、今すぐにやめましょう。

    お客様から見た時の『モニター価格』と『特別割引』のイメージを理解しまし…

  2. パーソナルスタイリストの悩み

    意識するだけで30%以上も売上げアップできる魔法の言葉を大公開![販売の極意]

    パーソナルスタイリストになってから、本当にたくさんの人に会ってきたと思…

パーソナルスタイリストのためのオススメ記事

パーソナルスタイリストになりたい方のための記事

グレースアカデミーのおすすめ情報

  1. [PDA認定講座]受講生募集のお知らせ
  2. パーソナルデザインサロン グレースで初の「きれい塾」が開催さ…
  3. パーソナルスタイリスト、イメージコンサルタントの方へ  *特…
  4. [8周年記念特別企画]南青山校でご受講希望の方へ *都内ホテ…
  5. パーソナルデザインアドバイザー認定講座(PDA認定講座)で学…
  6. ビジネスマインドを誰から学ぶ?[グレースアカデミー代表の実績…
  7. 【東京:8月 25日(土)】パーソナルデザインセミナー
  8. グレースアカデミー卒業後のフォロー

▼卒業生の活動

▼運営会社:株式会社ヒトデザイン

  1. パーソナルスタイリストの悩み

    「誰でもできるから大丈夫。」と言われてスクールに通ったけど、結果が出ないパーソナ…
  2. パーソナルスタイリストのコーディネート

    パーソナルカラー診断も骨格診断もできるけど、ショッピング同行が苦手なあなたに必要…
  3. スクール選びのコツ

    家族に反対されるけれど、やりたいことを理解してもらってパーソナルスタイリストとし…
  4. パーソナルスタイリストになる前のお悩み

    アパレルの販売員を辞めて専業主婦を続けてきたけどやっぱり販売のお仕事が忘れられな…
  5. グレースアカデミーとは

    グレースアカデミーの紹介動画
PAGE TOP