岩本 ゆかり(マスターPDA)

グレースアカデミーを選んだ理由

パーソナルスタイリストになる前は、主婦をやりながら事務員としてパートをしていました。昔から洋服も好きでしたし、おしゃれにも興味があったので、パーソナルスタイリストに興味を持ち始めました。

そして「私も勉強をしてみたい!」と思い始めてからは、都内のスクールをたくさん調べて、すべての説明会に行きました。半年〜1年間の講座スケジュールのスクールもあったし、講座料金も様々だったのですが、正直に言ってしまうと『ピン!』と来たことと、短期集中のスケジュールだったこともあってグレースアカデミーへの入学を決めました。

受講してみてどうでしたか?

PDA3級〜1級までの基礎講座は、自分の知らない知識を学べて、新鮮な気持ちで受講できたので楽しかったです。

ただ、他のスクールに行っていたら『パーソナルスタイリストのお仕事をする』ということに気づけないまま、1級までを受講するだけで、趣味のまま終わっていたと思います。受講する前は「なんとなく楽しそう♪」という気持ちだけだったのですが、今思えば、パーソナル診断について学んでいた時に先生が「色の歴史や色彩学はあとで本で勉強すれば良いから、知識を深めるよりも先に、お客様に合わせた提案ができるようになりましょう!」と言われたことがきっかけで、仕事としての意識が芽生え始めたと思います。

それからは、『本当に自分がやりたいこと』について考える自分自身と本気で向き合う講座(マスター講座)を受けて、私が本当にやりたかったことが見つかったし、そのあとの講座では「お客様は、どんなことを求めているか?」「お客様に、何をしたら満足してもらえるか?」を叩き込まれたので、お仕事をするんだ!という気持ちも意識も高まりました!単なる主婦で終わってしまうかもしれない私の人生が180度変わった講座だったと思います。

受講後の変化はありましたか?

卒業後、特に変わったことは、今まで以上にファッションが気になるようになったことと、敬遠していたショップを覗く機会が増えたことです。

自分に似合う洋服が分かったので、タンスにしまっていた古い洋服に合わせてスタイリングできるようになったのも理由ですが、「あの人にはこのブランドの色が似合うな。」とか「この前のお客様には、このブランドの着こなしが似合うな。」という視点が増えたので、色んなショップを巡るのが楽しくなったんです。

あと、お客様視点を習ったせいかもしれませんが、友達に対してのアドバイスの仕方も変わったように思います。今までの私なら「お化粧くらいしなよ。」という軽いアドバイスしかできませんでしたが、友達の価値観に合わせて『友達の気持ちを変えるアドバイス』ができるようになったと感じています。

これから受講する方はひとこと

主婦だった私が、ファッションを知ったことで毎日が楽しくなったように、同じような境遇の人たちにも、もっとファッションの楽しさを伝えられるようなサポートをしていきたいと思っています。

全然大きなことは考えられませんが、お客様一人一人と向き合って、少しでもお客様の毎日が楽しくなるようなご提案をしていきたいと考えています。

今後の目標をお聞かせください

色とか形とかおしゃれを飛び越えて教えていただいて、常に脳みそがフル活用状態でしたが、色の似合わせだけで終わらないのは、個人的にとっても良かったです。

似合わせ以上を学んだお陰で、着こなし力が身について今風の着こなしができるようになったし、ムダにならない知識を教わることができたと思います。それに、単なる趣味や知識だけで終わらないから、ちゃんと仕事としてやりたくなる講座だったと思います。

次の目標もできるから、自らやりたくなることも増えて、楽しい毎日を過ごせるようになると思います。それから、一緒に受講する方がいると、励ましあったり違う意見も聞けるから、自分自身を見直す機会にもなるので、誰かと一緒に受けるのも楽しいと思います。

 

関連記事

TOP